相川工務店トップページ » 相川の家づくり » 素材・工法へのこだわり
真の健康素材と伝統工法
皆様に健康で快適な家をお届けするため、私たちは、厳選した健康素材と昔ながらの伝統構法にこだわっています。良い素材を使えば健康な家になる。伝統工法だからいい家になる。家づくりはそんな単純ではありません。私たちが工法と素材にこだわるのは、ちゃんとした理由があるのです。
真の健康素材
漆喰~古の知識が今に生きる天然素材~
漆喰~古の知識が今に生きる天然素材~
相川工務店がこだわる「漆喰」とは

消石灰を主原料とし、銀杏草(海藻)と麻のスサを加えて、水で練り上げた塗り壁の一種です。漆喰には、調湿作用があるので、梅雨時期には吸湿し、冬には放湿します。また、除菌作用もあるため、結露やカビを防ぎます。一年を通して湿度の変化が大きい日本にはピッタリの素材といえます。漆喰の壁は石灰岩の様なものなので、防火性も優れています。そのため、古来より財産を守る土蔵や城の城壁に使われてきました。相川工務店では化学物質を一切使っていない自然素材のみを原料とし、伝統的な製法で製造された漆喰を使用しています。そして、熟練の職人によって漆喰の模様も和、洋にあわせて作り上げます。

特徴と効果
調湿効果に優れ、結露やカビの発生をやわらげます。
消石灰が主原料なので、防火性に優れています。
漆喰は生成時に二酸化炭素(CO2)をだしますが、乾燥時は二酸化炭素(CO2)を吸収するエコな素材です。
漆喰の材料は全て自然素材です。その役目を終えれば、また元の自然にかえります。有害な物質は発生しませんので、地球環境と人に優しい素材です。
シックハウス症候群の元凶であるホルムアルデヒトを吸着・分解する機能があります。
化学物質を使用していませんので、有害物質が発生しない健康に良い素材です。
消臭機能があり、たばこ・焼肉・焼き魚などの臭いも翌日には消してくれます。
石灰岩の様なものなので、外の熱さから家を守り、涼しく感じられます。
城壁に使われているように耐久性があります。
ページの先頭へ戻る
音響熟成木材~心と体を癒し、目を閉じれば森の中にいる気分に~
音響熟成木材~心と体を癒し、目を閉じれば森の中にいる気分に~
無垢の木材とは

一本の木から取ったつなぎ目の無い材木を使っています。 通常使われるボンド等で木をつなぎ合わせた材木より贅沢なものといえます。 一本の木から取っているため、丈夫で長持ちします。また、表面を化学物質で覆っていないので、湿気の多い日は水分を吸収し、乾燥している日は水分を放出します。 多少の反りや割れは起こりますが、コンクリートの約2倍の断熱性があります。 杉には免疫グロブリンAを高める効果があり、地熱乾燥をしている小国杉はその効果を持っています。 木の年輪を際立たせる「浮造り(うづくり)」加工をしていますので、足裏を刺激しさらに免疫力を高めます。

特徴と効果
太陽の光と地熱といった自然エネルギーで乾燥させるので、細胞が破壊されず生き生きしています。
保水性が高く、乾燥時に水分の発散を行い、快適な湿度を保ちます。
調湿性能が良くなり、結露防止や防カビ対策に役立ち、木材強度が増します。
保湿性に優れ、体感温度が人肌に近く、一年中素足の生活が楽しめます。
油分が多く含まれているため、見た目も美しく、防菌作用が優れています。
ページの先頭へ戻る
伝統工法
相川工務店は伝統工法にこだわっています

相川工務店では、木と木をボルト・釘等の金具で固定する現在一般的に使用されている「在来工法」ではなく、木と木を組むことで固定する「伝統構法」にこだわっています。「伝統構法」は古くから寺社の建築などに使われてきました。なぜ今の時代に私たちは「伝統構法」にこだわっているのか?その理由を説明したいと思います。

【伝統構法】・【在来構法】の違い
2つの【伝統構法】

「伝統構法」には、先人が生み出した優れた耐震性・耐久性があります。木を正確に削り複雑に組合わせる技術が、地震に強い住宅を作り出します。時間がかかりますし、熟練した職人がいなければできません。それでも、皆様に「安心で安全な住宅をご提供したい」という思いから、相川工務店は「伝統構法」にこだわっています。私たちは、熟練した職人にしかできない「墨付け木造軸組み手刻み加工」と、シックハウス防止や耐震作用に高い効果をもつ「小舞竹組み土壁工法」を使用しています。2つの「伝統構法」がどのような作業を行い、どのような特徴があるのかを詳しくご紹介します。

墨付け木造軸組み手刻み加工
墨付け木造軸組み手刻み加工
墨付け木造軸組み手刻み加工とは

加工をする前に材料に継手・仕口(※1)を作る場所等に一本一本、墨で書いていき(墨付け)、墨に合わせてのこぎり、のみ、かんな等を使って仕上げていきます。(刻み)木と木を組み合わせる伝統構法(木組み)は木材に対して精密かつ正確な細工を求められます。木を組み合わせた部分が狭くても、緩くてもダメです。木と木がぴったりとはまって、はじめて木組みの強度が生まれるのです。そのため、機械で大量に作ることはできません。職人が一本一本の木をしっかりと見極め、木の筋に合わせて継手、仕口(注1)の線を墨で書きます(墨付け)。この墨に合わせて、のこぎり・のみ・かんな等を使って刻んでいきます(手刻み)。それが、「手刻み墨付け加工」です。最近では、プレカット(注2)が多く用いられるようになってしまいましたが、 複雑すぎて機械ではできない、より高度で強度のある継手を作れるのが手刻みの最大の特徴です。
古の知恵と技術が結集されたこの伝統的な工法は、設計の自由度が高く増改築も容易で人気の高い工法ですが、熟練した職人の技術が必要となります。現在では、コスト削減、工期短縮のほか、熟練した技術職人が減少していることから、あらかじめ工場などの機械で加工するプレカット工法が普及しています。 しかし私たちは、時間は要しますが優れた素材と技術職人の手刻みによる工法にこだわり、昔からある日本家屋の良さ、その技術のすばらしさを活かした「ほんものの家造り」を行っています。

(注1)継手…木材相互の組合せ方法の一つで、2つの部材を長手方向に材寸法を増すための接合の総称。仕口…木材相互の組合せ方法で、2つ以上の部材の角度をもたせた接合。 (注2)プレカット…従来大工が手で刻んでいた木材の継手・仕口などを、あらかじめ工場などの機械で加工しておくこと

特徴と効果
土地の形状に合わせる事ができ、間取りが自由に設計できる。
将来的な間取りの変更にも対応が可能。増改築、リフォームに最適。
柱や梁等を適正な強度が得られる太さにしたり、筋交い等を用いて耐力壁を適正に配置、柱と梁の接合部を金物などで補強するといった対策を講じることで優れた耐震性や 耐風性を確保する事ができる。
鉄骨造やコンクリート造には無い手造り感や木の温もりを感じられる。
ページの先頭へ戻る
小舞竹組み土壁工法
小舞竹組み土壁工法
小舞竹組み土壁工法とは

小舞竹とは伝統的な和風住宅の土塗壁の下地に使う細かく割った竹のことを言います。柱に小さな穴をあけ、小舞竹といわれる割竹を横に渡し、さらに竹を交差するように組んでいきます。小舞竹と小舞竹の交差する部分はワラや棕櫚(しゅろ)縄で巻きます。そこへ土と藁スサを混ぜてねかせたもので上塗りします(土壁)。
現在、一般的な内装の壁は、ほとんどがボード類を下地にしてビニールクロスが使用されています。このボードやビニールクロス類には化学製品の接着材が使用され、法律上では安全とされているフォースターであっても、多くの有害物質を含んでいる場合もあります。また、最近、注目されている珪藻土は体に良い材料ですが、珪藻土自体には壁にくっつく性質がないため、珪藻土を塗るために化学製品の接着剤を使用します。そのため、過敏な体質の方は、そのような化学製品に反応しアレルギーを悪化させることもあります。それに比べ、先人の知恵である「小舞竹組み土壁工法」は、竹、土、ワラすさ、棕櫚縄のみで作る自然素材です。そのため、人体にも安全であり、環境にもエコな工法といえます。
昔は当たり前だったこの作業も、技術職人の減少や機械化によりあまり見られなくなりました。しかし、私たちは健康で、丈夫な家を作るため、この工法にこだわっています。

特徴と効果
【壁体の蓄熱作用】…室内の温度変化がゆるやかなので結露しにくい。また不快感が減少する。省エネ効果も期待できる。
【防火作用】…木造住宅で木が多いと燃えやすいことから、土壁を取り入れることで防火対策ができる。火災時も有害物質が発生しないため、一酸化炭素中毒の危険性がない。
【耐震作用】…竹のしなやかさが、小さな地震の衝撃を吸収する。また、大きな地震の時には、土壁が壊れることで、柱の柔軟性を高め、家の倒壊を防ぐ。
【湿度調整】…湿度があがりにくく、カビ、ダニなどの防止によい。夏湿度が下がることにより、涼しく感じる。冬は乾燥しすぎることを防ぎ、気温の割りに暖かく感じる。粉塵が舞いにくい。
【防音に優れている】…土壁内部には空洞がなく厚さがあり、 又一定の重さがあるため、防音効果に優れている。
【環境にやさしい】…土壁や漆喰などは、一般的な汚れはつくが、それが味わいになってくる。また解体時には、自然の土へと戻る地球に優しい工法。
ページの先頭へ戻る