相川工務店トップページ » 完成までの流れ
ご相談からご契約までの流れをみてみましょう
お客様と、相川工務店のお付き合いはここから始まります。まずはお客様のお住まいに関する様々なご相談、ご要望をお聞かせ下さい。
新築・リフォームをご検討されている敷地・建物の調査を行います。道路・上下水道などの建築条件を調査し、お客様へのご提案を行います。
敷地の調査をうけ、家族構成、ライフスタイルなどをお伺いし、お客様のご要望のイメージをラフプランにまとめご提案します。お客様と打合せを重ねながら、納得できるお住まいの形へ仕上げていきます。
プランが出来上がりましたら、内外装の仕上げ方やキッチンなどの設備、建具などの仕様を決めていきます。プラン、仕様をもとに設計図を作成いたします。
お客様との打合せ・設計図・仕様をもとに、建物建築価格や諸工事などを含めたお見積書を作成させていただきます。お見積りは、無料でご提案させていただきます。
詳細打合わせから各種お手続きまでの流れをみてみましょう

※順序が前後する場合がございます。予めご了承ください。

金融機関へ融資の申込みを行います。お尋ねいただければ、当社スタッフが金融機関への手続や、必要書類の準備などをアドバイスさせていただきますので、ご安心下さい。
お住まいの土台となる敷地にうかがい、地盤の硬さ・強さに問題がないかを、検査機関が綿密に調査いたします。地盤の状況次第では、補強工事等が必要となる場合がございます。
再度、お客様に設計図・住宅設備などの仕様についての最終確認をさせていただき、必要があれば修正・調整をいたします。ご了承いただきましたら、ご契約の準備へと入ります。
設計図・仕様・工事費が確定し、ご納得いただきましたら、ご契約をさせていただきます。この際のお申込み金額は、お客様とご相談をさせていただき決めさせていただきます。
工事に先立ち、役所へ建築確認の申請をします。許可がおりましたら、役所より確認済証が発行されます。確認申請とは、お客様と当社が今から建てる住宅は建築基準法上、問題はないかという確認を申請するものです。
住宅を建築されるお客様に入っていただく、基礎構造の不具合や雨漏りによる被害があった場合の保険です。正式には住宅瑕疵担保責任保険といい、平成20年から施行された法律に対応したものです。
着工から各種工事までの流れをみてみましょう
まず、最初に行うのが地鎮祭です。工事に入る前に、建築地を清め、お客様の家の繁栄と工事の安全をお祈りします。
柱や梁(はり)などの刻み作業に入ります。伝統構法の墨付け手刻みにより刻んでいきます。この作業で、家の骨組みを作っていきます。熟練した職人が柱の一本一本を確かめ、木材に合わせた刻みを入れていきます。
いよいよ着工です。着工の第一段階として、整地を行います。家の基礎工事を行うため、敷地をきれいに整え、設計図をもとに区画を正確に区分していきます。
基礎工事を行います。家の土台を作り上げる、とても重要な工事です。基礎がきちんと作られているか第三者機関が検査を行い、強固な土台を作り上げます。
刻み作業により事前に作成された柱同士を組み合わせ、一日で家の骨組みを仕上げます。また、家づくりで最も賑やかな儀式である上棟式を行います。ご近所の方をお招きして、餅まきなどを行います。
ページの先頭へ戻る
棟上も終わり、組み上げた家の骨組みに瓦をのせ、敷いていきます。この作業が完了すると、外装や内装の工事を開始します。
柱に小さな穴をあけ、小舞竹といわれる割竹を横に渡し、さらに竹を交差するように組んでいきます。小舞竹と小舞竹の交差する部分はワラや棕櫚(しゅろ)縄で巻き、竹を編みこんでいきます。
職人の熟練した技術により、赤土と藁スサを混ぜてねかせたものを塗り上げた荒壁に、土で上塗りします。竹組みと土壁塗りは、家の環境を快適に保つ伝統構法です。
土壁を塗り終えると、外壁開口部にアルミサッシを入れていきます。工事の初期段階で行われる作業です。
うづくりの床を張っていきます。その後、床・天井・壁・押入れなどが作られます。設備のうちユニットバスは早い段階で設置します。壁まで組まれると部屋の形が出来上がります。
ページの先頭へ戻る
外壁の工事を行います。デザインつきの外壁材・吹付塗装・板張りなどがあり、お好みで天然素材の漆喰を塗ることもできます。漆喰を塗る際は左官さんがコテを使い、ムラが出ないように、丁寧に仕上げていきます。
左官さんの手で丁寧に、漆喰を塗っていきます。自然な塗り目になるように、それぞれの職人がオリジナルのコテを使用するなど、様々な工夫をしています。
キッチン、洗面台、トイレなどの設備機器を取り付けます。その後、建具や照明を取り付け、内装を仕上げていきます。
門、ポーチ、駐車場などの外構工事を行い、外からの見栄えも綺麗な家に仕上げます。お客様のご要望を取り入れながら、全体のバランスを考慮して、工事を行います。
完成からアフターフォローまでの流れをみてみましょう
数多くの工程を経て、完成です。確認申請に伴う完了審査やお客様との最終確認をさせていただき、お引渡しの準備を行います。
設備器具等のご説明、各検査済証・保証書・引渡証明書等・各書類と鍵をお渡しして、完成した家をお客様にお引渡しいたします。そして、お引越しをしていただき、新しい家での生活がスタートします。
お引渡し時以下の書類をお渡しします
さぁ新生活の始まりです!
お客様が安心して住んでいただけるように、無料1年点検を行います。完成後のアフターフォローも、しっかり行います。
ページの先頭へ戻る