相川工務店トップページ » 相川の家づくり
真の健康住宅「愛家和の癒」
人と自然が健康で、ながく住める家づくり
人と自然が健康で、ながく住める家づくり

相川工務店の家づくりは、技術と素材を大切にしています。それはなぜか?

私たちに大切な家づくりをお任せいただいた皆様へ「いつまでも健康で、何十年経っても変わらず住める〝真の健康住宅〟をお届けしたい」というこだわりがあるからです。

今までの健康住宅は、ビニールクロスを和紙や珪藻土などの呼吸する材料に変えたり、合板使用の新建材を天然無垢材に変えて化学物質のガスを出さないようにした住宅を「健康住宅」と呼んでいました。

私たちはこだわりにこだわった自然素材を使用し、その素材を最大限活かすことのできる工法をもちいる事で、住宅自体が呼吸をし清々しい空気をつくりだすという、安全で快適な住宅をご提供しております。

相川がつくる真の健康住宅「愛家和の癒」
相川がつくる真の健康住宅「愛家和の癒」

以前「新築した家に住めない」と相談してきたおばあちゃんがいました。

建設したハウスメーカーからは「3年も経てば(科学物質も)消えますよ」と言われていた家でしたが、わずかに使われた科学物質に反応し、何年経っても住めませんでした。

それが、相川工務店の完成見学会を見にこられて「この家なら住める」とリフォームを実施させていただきました。その結果、そのおばあちゃんは一切アレルギーもでなくなり、今も元気に畑仕事に精を出しているそうです。

私たちは、おばあちゃんのようにアレルギーをお持ちの人でも安心して生活ができる、真の健康住宅〝愛家和の癒〟をご提供しています。
相川がつくる真の健康住宅「愛家和の癒」

"愛家和の癒(あいかわのいえ)〟とは何百種類の素材を試した結果、行き着いた自然素材と、その素材を最大限に活かすことができる工法でつくられた住宅のことです。

何百種類の素材を試した結果、昔ながらの「漆喰」や、人体の免疫力を高める「うづくりの床」を使用し、その素材を最大限に活かすことができる「墨付け木造軸組み手刻み加工」、「小舞竹組み土壁工法」でつくり上げた住宅のことです。
私たちが長い年月をかけて探し求めた素材は、シックハウスによるアトピー・喘息・アレルギー性鼻炎でお困りの方に是非知っていただきたいと思っています。